■ボトックスの注意点



ボトックス治療を受ける前には、治療法についての 基礎知識を深めた上で施術を受けるようにしましょう。 ボトックスの治療法は注射で注入する方法ですが、若干 痛みをともないます。痛みの感じ方は、人それぞれです。 すごく痛いという人もいれば、普通の注射の痛みと それほど変わらないという人もいます。注射をする箇所、 注入量、専門医の医療的な技術、経験にもよります。

人によっては、術後に頭痛がしたり、まぶたが腫れ上がる 人もいます。目の周辺に注射したときに起こりやすく、 注入量が多すぎた場合や注入する場所が不適切な場合に、 このような症状が出ることがあります。

ボトックス治療は、顔の表情筋をコントロールする 治療法です。注入量や注入する場所によっては、内出血を 起こす場合があります。 場合によっては、ボトックス治療を受けられないと医師 から判断されることがあります。

妊婦、または妊娠している可能性がある人、授乳中の人、 製剤中の成分にアレルギーがある人、筋弛緩剤や筋弛緩作用 のある薬を服用している人は、ボトックス治療を受けては いけません。全身性の神経筋接合部の障害がある人、ボツリヌス 菌が原因の食中毒にかかったことがある人、過去3ヶ月以内に ボトックス注入をした人は、専門医へ相談する必要があります。

術後の注意点として、注入直後のメイクはかまいませんが、 注入部位を常に清潔に保つように心がけます。当日は洗顔と シャワーはOKですが、入浴やサウナ、飲酒、激しい運動を 避けるようにします。

>>手術を一切しないで顔のコンプレックスがきれいになれる方法<<


■本サイト人気コンテンツ


★ ボトックス注射の詳細
ボトックスは筋肉の動きを抑制することで効果を上げる施術です。その施術の方法は簡単で、患部に注射をすることで行います。この注射によりダウンタイムをとる必要はない・・・ 続きを読む

★ 治療で期待される効果
この施術によって一番効果があるとされているのは表情によってできてしまったしわに対してだといわれています。それは、表情によってできるしわとボツリヌス菌の効果に関連・・・ 続きを読む

★ ボトックスの副作用について
ボトックスで知っておきたいのは、アメリカではFDAが承認しており、安全性が保証されている成分である、ということです。正しい使い方をしていれば施術自体が危険ということは・・・ 続きを読む

【その他人気項目】
◆ ふくらはぎ痩せ・小顔・エラ張り
◆ 治療の長所と短所について
◆ 多汗症・ワキガとの関係
◆ 注射治療と塗るボトックスの比較